ブログ

  1. AV015_L

    お困りの在庫がございましたら、お売りください

    企業様の倉庫の中には、不用な在庫というものがございます。不用な在庫は、少しであれば赤字も仕方ないとして諦めます。しかし、売れると思って大量在庫にしたものが、ふたを開けてみれば売れなかったというケースもあるでしょう。大量在庫でお困りならば、当社へお売りください。

  2. ET180_L

    東京都でオフィスの不用品なら事務機器の買取が便利です

    新しくオフィスを構えるときに、すべての事務機器を買い揃えるのは大変な費用がかかります。最近は、中古品で揃えるというお客様もかなり増えてきました。そんなリサイクル市場が広がってきた今、不要になったオフィス用品は廃棄処分するよりも事務機器の買取がお得で便利です。

  3. FE045_L

    在庫処分に困ったら兵庫のリサイクルショップへ

    メーカー勤務の方で、発注したもののいろんな理由で売れなくなって大量の在庫処分をしなければならなくなってしまったという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。そんな時には、ぜひ当社へご相談ください。

  4. FE018_L

    大阪で諦めないでください、その大量在庫

    大量に仕入れてしまった在庫、売る機会を逃してしまい、ただいま倉庫では何処も受け入れしてもらえずに鎮座し続ける大量在庫があるという会社様、いずれ破棄しかないと考えているのであれば、それは間違いです。もし、その大量に抱えている在庫が、捨てるしかないとしたら費用も掛かります。

  5. FE019_L

    埼玉県で倉庫の過剰在庫、お悩みご相談ください。

    倉庫の一角に、どうしても出て行かない商品がある、しかも大量在庫を抱えてしまっているがために、お悩みになっている企業様はいらっしゃいませんか。大量在庫は、見込み違いをしてしまったがために、残ってしまった在庫ですが、流行りものであれば行先も決まらない場合もあります。

  6. FE002_L

    京都で大量の余剰在庫の買取承ります

    各機器のメーカーの担当者の方の中には、発注した商品が売れ残ってしまい、余剰在庫となった商品の処分に困ったという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

  7. DB045_L

    大阪で余剰在庫の買取りについて

    売れないで倉庫などに保管されている余剰在庫は、その量が大きくなると、さらに経費がかかることになり、会社経営にとってマイナスです。どうしても売れないのであれば、できるだけ早い時期に余剰在庫を処分するのが、会社にとって利益になると思われます。

  8. DB020_L

    埼玉県で大量在庫で困っているのならお任せ下さい

    会社を運営している中で、倉庫などに大量の在庫が残ってしまって困っている方もいるのではないでしょうか。大量在庫は会社を運営するうえで、非常にリスクとなります。なぜなら、在庫を管理する費用が知らぬ間に掛かっているからです。

  9. DB002_L

    東京でお困りの過剰在庫がございましたら、ご一報ください

    大量在庫で困っている、また閉店した店のものを引き取ってきて過剰に在庫が増えてしまったということ、行先のない物を倉庫にいつまでも置いておく事もできないでしょう。倉庫にいつまでも置いておけば、その分ほかの物が置けることもできませんし、さらにスペースがないので、その分新しい物を置く事も出来ません。

  10. DZ010_L

    埼玉県で在庫が生じてしまったらご相談ください

    在庫買取の仕事をしていて思うことは、在庫をかかえてしまう原因は次のような場合が多いです。ひとつは発注ミスで、これは時代の流れを読み間違えた判断ミス、それに新入社員などによる単純なケアレスミスが挙げられます。また、サイズや色柄をアソートで注文するときに出てくる必然的な在庫もあります。

* * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県

* 対応エリア:大阪府京都府兵庫県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県



ページ上部へ戻る